町へのアクセスタイトル画像

函館方面から乙部町までの距離は約70km、車で約1時間半ほどで到着します。
日本海側をはしる国道229号線(追分ソーランライン)からは雄大な海、岬や奇岩が多く見られ、車窓から乙部町でしか見られない絶景を楽しむことができます。

乙部町の位置
Position of the town

乙部町は北海道南部を形成する渡島半島の西部、檜山支庁管内のほぼ中央部に位置しています。
南は江差町北は八雲町に接し、西は日本海に面し、東は厚沢部町及び渡島山脈を境に八雲町に隣接しています。

追分ソーランライン・道沿いの景色タイトル画像

463

矢印アイコン画像館の岬(たてのさき)

東洋のグランドキャニオン!

白亜の断崖と奇岩が美しい『館の岬」の別名は「東洋のグランドキャニオン」。縞模様に重なり合う地層を見ることができますよ。

464

矢印アイコン画像鮪の岬(しびのさき)

こんなところに柱状節理!

函館方面から国道229号線を北上すると、道路沿いに鮪の岬のビュースポットがあります。ここは駐車場もあるので、車から降りて大地の凄さを感じてみてください。

87

矢印アイコン画像道の駅ルート229元和台 展望台

絶景穴場スポット

海抜40mの小高い場所にある道の駅は、裏側が展望台になっているので、日本海や乙部岳・遊楽部岳の美しい姿を眺めることができます。

1028

矢印アイコン画像高岩

海の中に浮かぶクジラ岩

通称クジラ岩と呼ばれているこの岩は、道の駅から鮪の岬トンネルを抜け車で少し走ると現れます。高岩と立待岬の間に落ちる夕日は、地元民を癒してくれる風景の一つです。

車・一般道タイトル画像
乙部町所在地画像

お車で札幌・函館方面からお越しの場合、かかる所要時間・距離は下記の通りです。

【札幌方面から】
ルート1:(経路)札幌駅⇒喜茂別⇒長万部⇒八雲⇒乙部町
所要時間:約4時間10分 / 距離:約230km
ルート2:(経路)札幌駅⇒道央自動車道⇒八雲⇒乙部町(道央自動車道経由:有料)
所要時間:約3時間50分 / 距離:約290km
【函館・道南方面から】
ルート3:(経路) 函館⇒大野⇒厚沢部⇒乙部町
所要時間:約1時間40分 / 距離:約70km
(経路)新函館北斗駅-厚沢部-乙部町
ルート4:(経路) 木古内⇒江差⇒乙部町
所要時間:約1時間30分 / 距離:約60km
JR・バスタイトル画像
JR電車画像

JRやバスで札幌・函館方面からお越しの場合の所要時間は下記の通りです。

【札幌駅から】:JR及びバス / 所要時間:約4時間30分
経路:札幌⇒(JR)⇒八雲⇒(バス)⇒乙部町
【函館駅から】:バス / 所要時間:約2時間15分
経路:函館⇒北斗⇒厚沢部⇒乙部町(全て、バス移動)
【新函館北斗駅から】:バス / 所要時間:約1時間15分
経路:北斗⇒厚沢部⇒乙部町
【木古内駅から】:バス / 所要時間:約1時間55分
経路:木古内⇒江差⇒乙部町
新幹線・レンタカータイトル画像
新幹線画像

遠方からのお越しで北海道新幹線をご利用の際は、木古内駅または新函館北斗駅で下車。レンタカーで、ぐるっと道南の旅をお楽しみください。

市内タクシータイトル画像
有限会社おとべハイヤー
TEL0139-62-2101
町内観光アクセスマップ

インスタグラムタイトル画像

スタッフの取材の様子や乙部町の景色、おすすめスポットを写真でお知らせします!

おとべ創生のインスタグラムを見るにはこのボタンから
このページの一番上へ移動するにはこのボタンから